にんにくの効果

にんにくの効果 意外と知らないにんにくは万能薬?

にんにくの効果といえば、よく知られているところでは、
疲労回復・滋養強壮だと思います。
意外と知られていませんが、にんにくは古来より世界中で万能薬として
利用されてきた歴史があるんですよ。

 

 

にんにくは紀元前から栽培されてきた歴史があります。
エジプトやギリシャなどの地中海沿岸で栽培されてきた記録が残っているそうです。

 

「風邪は万病のもと」といわれていますが、
イギリスでは風邪ににんにくが利用されていて、
風邪の引き初めにはにんにくで治すといわれているそうです。

 

中国ににんにくが伝わったのは、紀元前120年代頃といわれています。
中国から朝鮮半島を経て日本ににんにくが渡ってきたのは、
2,000年以上前とされています。
日本でも「古事記」や「日本書紀」にもにんにくの効能が記述されているのです。

 

このように、にんにくは6,000年以上前から人類の心身の悩みに貢献してきました。
古来より万能薬としてさまざまな民間療法に利用されてきたのです。

 

にんにくの万能薬としての効果・効能とは?

これまでに分かっているにんにくの効果・効能は、
実に多岐にわたって報告されています。
たとえば、

 

・殺菌作用
・ガン予防
・疲労回復
・風邪の予防
・精力増強
・健康維持
・生活習慣病の予防
・糖尿病予防
・血圧を正常に保つ
・血液の循環をよくする
・不眠症の解消
・老化防止
・美容・美肌効果
・アトピー性皮膚炎
・水虫退治
・快便をもたらす

・ホルモンバランスを整える
・精神の安定、リラックス効果
・更年期の安穏
・冷え性の改善

 

などなど・・・
まさに「にんにく」は心身の健康に効果的な食材といえるのです。

 

「にんにく」ほどパワフルな食材はないのではないでしょうか?
「医食同源」という言葉がありますが、「にんにく」にぴったりだと思いませんか?

 

>>「にんにく玉ゴールドをお試しで購入するとお得に効果を試せます!」TOPに戻る

 

にんにくの効果 意外と知らないにんにくは万能薬?記事一覧

気分の落ち込みがひどく何もしたくない。気力がなく外に出るのがとても辛い。落ち込みによる気分の乱れに悩まされている。誰にも会いたくないし、話をしたくない。あなたはこのような症状で悩んでいませんか?落ち込みから一日も早く回復したいと望んでいるのではないですか?仕事などで落ち込むことがあると、その回復までに時間がかかっていませんか?気分転換できずにいつまでも引きずっていませんか?毎日こんな状態を繰り返し...

うつ病は過度なストレスが原因で引き起こされると考えられています。ストレス状態が続くと免疫力が低下します。免疫力が低下すると、うつの状態が改善されにくくなります。にんにくには免疫力を高める効果があるので、うつの症状が軽減されていくのです。ストレスでとくに多いのは、人間関係の変化と環境の変化だと言われています。私たちの脳の中には無数の神経細胞が存在しており、「神経伝達物質」と呼ばれる物質が神経細胞に情...

パニック障害の辛い症状で悩んでいませんか?パニック障害で苦しんでいる方は意外と多いのです。パニック障害の症状としては、・不眠・胸が息苦しくなる・心臓のあたりがバクバクする・急に不安感に襲われる・急に気持ち悪くなる・胸がムカムカする・車酔いのような状態になる・耳鳴り・考えても仕方がないことを考えてしまう(予期不安)・強い焦燥感などなど。急に不安に襲われたりすると気持ちのコントロールができなくなります...

自律神経失調症の症状のひとつに、息苦しいというのがあります。急に息苦しくなって手足が冷たくなることも。息苦しいと本当に辛いですよね。息がまともにできないわけですから。その辛さは本人にしかわからない辛さだと思います。息苦しいと喉のつっかえ感や吐き気、お腹の張りなど症状が出ていませんか?ほかにも・ドキドキして動悸が激しくなる・吐き気・首の圧迫と凝り・肩・背中の凝り・動悸が激しくなる・倦怠感・めまい・耳...

突然、じっとしていられないほどの不安感や焦燥感に襲われることはないですか?特に不安ではない生活状態なのに、突然不安感が襲ってくる。仕事や人間関係で悩みを抱え、ストレスから不安感にかられる。どうしようもなく不安になってパニックになってしまう。このような症状で悩んでいませんか?不安感や焦燥感などの精神的な症状は、自律神経が乱れやホルモンのバランスが崩れて起こるケースが多いようです。現代はストレス社会と...

イライラが止まらなくて困っていませんか?何をするにもイライラ。些細なことですぐにイライラしてしまう。イライラして暴れたい衝動にかられたりしませんか?訳もなくイライラする。イライラしてつい八つ当たりしてしまう。イライラしてやけ食いをしてしまう。毎日、強いイライラ感があると、そんな自分に自己嫌悪を抱いてしまいますよね。その場の怒りをどうしても抑えることができずに爆発してしまい、いつもあとで嫌悪感に陥る...

にんにくが痴呆症の予防に効果的だということがマウスを使った実験で明らかとなっています。現代の高齢化社会において、長生きができても病気で体が不自由だと自分も大変ですし、世話をする方にも迷惑をかけてしまいます。できることなら、健康で障害現役の生活を送りたいものです。そして、本人はもちろん、周りにとっても一番厄介なのが老人型痴呆症です。老人型痴呆は、脳血管性疾患とアルツハイマー病とに分けられます。脳血管...